不動産担保や融資ピックアップナビ

不動産担保で融資を受ける場合は、金利がどの程度か返済能力に合っているかどうか考えて融資を受けましょう。

不動産担保融資は金利が低い

不動産担保の融資は低めの金利に設定されていますが10%近くになっている場合もあります。

金利の上限は法律で20%までと定められていますが、100万円以上の資金の融資を受ける際は上限金利は15%までと決められています。

参考サイトはこちら・・・http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S29/S29HO100.html

その為金利の上限は15%と考えて良いでしょう。

100万円以上の融資である場合毎月の金利による利子も多額になってきますので注意が必要になります。

また金利が少し違うだけで利子の額も大幅に異なってきますので、不動産担保融資では金利を低く安定してどう借りる事が出来るかが大切なポイントになります。

不動産担保融資で返済出来なくなった場合、不動産を手放さなくてはいけなくなってしまいますし、金利相談の機会は多くはありません。

マンションや住宅によっても貸出の額は異なりますが注意しておくべきでしょう。

資金の融資を受けるという事は返済が前提ではありますが、借金をするという事です。

借りたお金は返すものですが、それに金利が加算されますので返済には余裕をもって考えなければいけません。

余裕を持つ事が難しい場合はそのまま不動産の売却を考えた方が良いケースもあります。

実際に不動産担保融資では評価額の6割以上借りる事が出来ますが、逆に考えると6割の価格で不動産を取られてしまうリスクもあるという事です。

時間的余裕がある場合は返済シュミレーションや長期計画をしっかり考え、融資を受けた方が良いのかどうか考えていくことは大切なのです。

Comments are currently closed.