不動産担保や融資ピックアップナビ

不動産担保で融資を受ける場合は、金利がどの程度か返済能力に合っているかどうか考えて融資を受けましょう。

不動産担保融資に潜む危険

不動産担保融資は金利が低めで借りる事が出来る有利な取引ですが、不動産担保融資の額が大きい為に毎月の返済額も大きいものとなります。

その為、多額の融資を受ける場合返済シュミレーションがしっかりしていなければ危険となります。

返済しきれなかった場合、担保としていた不動産は融資した額を返済しない変わりに渡さないといけません。

不動産担保融資の場合、不動産の価値の流通価格の6割から8割の額と言われていますので、安価で不動産を取られてしまう結果にもなりかねません。

実際にそういった資金繰りに困っている事業者を狙っている業者もいますので、金利や返済計画はしっかり考えておく必要があります。

また不動産担保融資の金利額は銀行によっても大きく異なります。

また幅も1%から9%位までと広く設定していますので、融資を受ける際は条件をしっかり聞いておくべきでしょう。

ただ融資を受ける際は条件もありますし、資金の融資が必要な場合不動産担保融資は考えるものです。

自分にとってどの条件なら借りる事が出来るのか、良い条件を探すあまりに借りる事が出来なかったというケースもありますし、条件が悪くなってしまう場合もあります。

その時の状況によっても異なりますので、融資を受ける際は注意していきましょう。

返済出来る額が借りる事の出来る額ですが、長期に渡る場合は安定性の有無もありますので、注意しておくべきでしょう。

業者が貸出可能と考えても返済可能かどうかの判断は自分でしっかりしておくべきなのです。

Comments are currently closed.